パチンコ店と装飾

今回私は広島県内のいくつかの店舗を視察してきました。
タイトルにもありますが、最近のパチンコ店装飾事情を見るためです。

IMG_0927

Photo_17-10-19-09-35-01.726

パチンコ店にとって装飾は欠かせないものです。
昔、出席した某セミナーでこんな話がありました。
「パチンコ店に装飾は必要か?そうでないのか?」
極論ですが、これって答えがでなかったのを覚えています。
仮に装飾が全くなかったとしても、パチンコ店にはお客様の遊技する遊技台は必ずあります。これさえあれば、装飾はなくともお店の売上は確保できるはず…なんですよね。
では、なぜ装飾をするのか?これは誰に対してのものなのか?
答えは簡単です。お客様へのアピールのためですよね。

先ほどの装飾が全くなくても売上は確保できる。と、述べましたが、それはお客様あっての話ですよね。
稼働がないと売上は確保できません。

装飾もタダではありません。費用がかかってしまうものです。安価なものから高額なものまで。どこまで費用をかけるかはその店舗次第です。
ベストは装飾を全くしなくても、お客様に来ていただいて高い稼働率を維持できることですよね。ただ、これがどれだけ難しいことか。
やはりお客様を自店に呼び込むには近隣店舗との差別化、どれだけ力を入れているかなどをお客様へアピールすることが必要です。
そのための装飾ですよね。
私が視察した中でいくつか感じたことや、多く見られたもの、変わったものなどをいくつかご紹介したいと思います。

基本的な装飾について

IMG_4259

今回の視察の中で最も多かったのが、私が考える基本的な装飾です。できるだけ簡略化した装飾でシンプルにまとめたものです。
例えば、フラッグとチェアポップ、ポスター。この3種です。フラッグで、機種や、レート、新台などをアピールし、チェアポップで更に追加のアピール。ポスターは店舗の入口や、カウンター前、コース入口でお客様への告知を。
ほとんどの店舗で、これらの装飾が行われていました。言ってしまえば、これだけあれば最低限の伝えたい内容はアピールできるのではないかと。

次に多かったのが、コース装飾です。レートでまとめている店舗もあれば、機種でまとめている場合もあります。現状の規制では1BOX同一、もしくは同シリーズでまとめた場合のみコース全体の機種アピールができるようです。(各都道府県、市町村で多少の違いはあるようです。)
今のラインナップで、1BOXの機種構成といえば「海物語」「牙狼」「北斗の拳」「花の慶次」位になってくるでしょうか。
幕板、妻板への装飾(シート貼り)や天井からの吊り下げPOP、床シートなど、店舗によっては徹底的な装飾を施しているところもありました。
ここまでやってしまえば流石に圧巻ですよね。店舗も力を入れている機種だという雰囲気は伝わりますし、お客様も打ってみようかなという気持ちになりやすいと思います。
この気持ちの誘導がとても大切です。これこそ装飾の最大の意義だと思います。

このコース装飾はある程度の機種ラインナップが必要です。機種構成の状況に左右されてはしまいますが、大型店舗でよく見ることができました。

その他の装飾

horizon_a_syashin

Photo_17-10-19-09-35-35.808

上記では私の思う基本的な装飾に述べてみましたが、ここではその他の装飾について。

基本的な装飾の内容としてはここ10年以上変わっていないかなという感想です。もちろん素材やデザイン等変化は常にしてきています。
ここ最近変化のあった装飾を上げてみますと、別のブログでも述べていますが、サイネージの普及です。また、LEDを多用した装飾から大型のものまで。特に光と動きが1つのポイントになってるように思います。

サイネージでは床置き型から妻板などへの埋め込み型。島上に設置されたものから、トイレにまで取り付けてある店舗もあります。
静止画はもちろん動画も流せるところがメリットですね。

LEDは最近様々な装飾に付加価値を与えています。よく見るのがポスターパネルの周囲にLEDを仕込んだものです。これまではただのポスターが周囲のLEDのおかげで、かなり際立ってアピールすることが可能になりました。
また、島上等に這わせて連続的な動きを表現し、常に動きのある店内を演出したりもしています。特に店内を薄暗くしているスロット専門店では有効だと思います。

もう1つ、装飾の大型化があります。これは装飾というかオブジェと呼んでいますが。店舗オリジナルキャラや、主要機種のキャラクターなど、大きいものでは等身大のものを設置している店舗もあります。
店舗入り口やコースの入口など。上記で述べましたコース装飾と合わせて使用すればかなり強力なものになります。
私が見た中では店舗の入口の外なんですが等身大のマリンちゃんを置いている店舗がありました。ここは商店街の中なのですが、写真を撮っている方を多く見ました。おそらくパチンコはしない方々だと思いますが(マリンちゃんを知っているかどうかも不明)。それでもこれだけの人々を惹きつけるアイテムになるわけです。

どこまで装飾をやるべきなのか、私にもわかりません。ただ、自店の稼働を上げるための手段として、必要なものだと思います。
店舗の立地条件、近隣店舗の状況等いろいろ調査、加味して最適な店舗作りを目指してください。