パチンコ装飾の意義と意味

yjimage

パチンコ店の装飾は多種多様です。
店舗によってその装飾のボリュームは違いますが、パチンコ装飾はなくてはならないものです。
パチンコ店は他のアミューズメント施設と異なり、広告や販促に関する規制が厳しく、思ったような広告表現ができないのが実情です。
「何を伝えたいのかわからない」 テレビCMや新聞折込が多いのはそのためです。

パチンコはギャンブルです。当然勝って「お金を稼ぐ」ことが目的なのは、素直に考えてみればわかりますよね。
ですが、パチンコ装飾を制作する側、表現する側としては、それだけで本当に大丈夫でしょうか?

「お金を稼ぎに来ている」というのは、間違いではない。
ただ、お客様の目的を「お金を稼ぐ」に置いたときの表現方法は、自店が「勝負に勝てそう」なイメージや、近隣競合店より「出るお店」のような「射幸心」を煽る表現に偏ってしまいます。
しかし、広告規制が厳しい現状では「射幸心」を煽る表現が難しい。

多くのパチンコ店の特にチラシデザインを見てみると、「射幸心」を煽れないから、どこのお店も特徴がなく、商品であるパチンコ台の告知も導入時期や台の種類も同じものになってしまい「個性」がないものになってしまっています。

では、パチンコ装飾で「個性」を出すことは不可能なのでしょうか?
いいえ、「射幸心」を煽ることだけが装飾ではありません。パチンコ装飾によって非日常を演出することが大切なのです。
勝ち負けだけではなく、たとえ負けたとしても楽しんでいただける、またお店に来たくなる、こういった演出が必要なのです。

パチンコ装飾の役割には大きく分けて以下の2つがあります。。
・非日常の演出(機種や、レート、店舗コンセプトなどの演出)
・お客様の誘導(どこに何があるのか)

サイネージの取り付け場所いろいろ

yjimage (2)

現在サイネージは店舗装飾には欠かせないアイテムになっています。設置場所、大きさの違いはあれ、お話したことのある店舗責任者の方はどなたも使ってみたいという感想を持たれています。
やはり、「なくても変わりはない。」から「あったほうがいいはず。」に変わってきているのを実感します。
他業種を見てみましても、サイネージの普及がどんどん進んでいっていますね。
いわゆるショップから居酒屋さん、工事現場と意外と思う場所でもサイネージは活躍しています。
最近パチンコ店のグランドオープンの話がありましたので、サイネージをお勧めしました。
特に壁埋め込み型を。
既存のお客様はどうしても設備的な面から床置き、壁掛けがほとんどです。
最近のモニターはかなり薄いので、あまり気にはならないとは思うのですが、やはり後付け感は否めません。
こういった店舗の責任者が言われるのが「やはり壁は埋込みがいいね。」です。
ですからせっかくのグランドオープンの機会がある場合は率先して埋め込み型を推します。
このタイミングでしかできない装飾もありますから。
サイネージはその視認性の高さから訴求力を言われますが、あわせて高級感も演出してくれるのです。